文字サイズ

桑原、痛恨被弾で勝ち越し許す マウンド上で顔しかめ…

8回、DeNA・柴田竜拓に勝ち越しソロを打たれ打球を見つめる阪神・桑原謙太朗=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場)

 阪神の桑原謙太朗投手が八回、勝ち越し本塁打を浴びた。

 5番手でマウンドに上がると、先頭の桑原は空振り三振に斬って取った。だが、続く2番・柴田に初球を捉えられると、打球は右翼席へ。プロ初本塁打を許し、DeNAに1点を勝ち越された。打球の行方を確認したマウンド上の桑原は、顔をしかめるしかできなかった。

 それでも続く筒香には左前へ運ばれたが、ロペスを中飛、宮崎は一ゴロに打ち取った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス