文字サイズ

阪神・相手の拙守に救われ、先制点

1回、左前打を放つ阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚

 「阪神-DeNA」(9日、甲子園球場)

 阪神が初回、DeNAの拙守に救われる形で、先制点を奪った。

 この回、1日の中日戦以来、7試合ぶりにスタメン出場した俊介が、左前打でチャンスメーク。上本がフルカウントから四球を選んだ。続く糸井は引っ張って進塁打を狙う。この打球は二塁手・柴田が捕球ミスし、失策で無死満塁。続く大山は三ゴロに倒れたが、中谷の打席だった。

 1死満塁から、外角低めのチェンジアップに泳がされたが、投手前に転んだ打球を石田がファンブル。ボールがマウンド後方を転々とする間に、三走・上本が先制のホームを踏んだ。

 後続の鳥谷、大和は倒れたが、DeNAの2失策で先制点が転がり込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス