文字サイズ

秋山の降板理由は右太ももの張り 病院で検査 6日以降に診断結果

 「阪神4-0ヤクルト」(5日、京セラドーム大阪)

 10勝目を目指して先発した阪神の秋山拓巳投手が、三回途中に急きょ降板した。球団広報によると、右太ももに張りを訴えてのもので、大阪市内の病院で検査を受けた。

 診断結果が出るのは6日以降になる見通し。今季の先発ローテーションを支えている存在なだけに、結果が心配される。

 ただ、この日は2番点の松田以下、リリーフ陣が仕事をした。3番手の桑原からは藤川、高橋、ドリスの4投手が1人の走者も出さないパーフェクトリリーフで、ヤクルト打線を2試合連続で無得点に抑えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス