文字サイズ

ケガから復帰の西岡が1年ぶりの1軍登録 即「1番・一塁」で先発 一塁はプロ初

試合前、ファーストのポジションでシートノックを受ける阪神・西岡(左から2人目)
試合前、円陣を組む阪神ナイン=甲子園
試合前、「1番ファースト」で先発発表される阪神・西岡剛=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 左アキレス腱断裂からの復帰を目指す阪神・西岡剛内野手が17日、およそ1年ぶりに出場選手登録された。

 同日の広島戦(甲子園球場)で1番・一塁で先発出場する。

 試合前練習では、一塁の守備位置でノックを受け、打球の転がり方などを確認。フリー打撃では、左右両打席で快音を響かせていた。

 なお、西岡の一塁での出場は、プロ13年目、1069試合目で初めてとなる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス