文字サイズ

阪神が今季初の5連敗…広島とは最大の6差に 押し出しの1得点のみ

 「中日3-1阪神」(27日、浜松球場)

 阪神が今季初の5連敗を喫した。首位広島が勝ったため、ゲーム差は今季最大の6に広がった。

 阪神の先発・秋山は初回に京田、荒木の連続安打でピンチを迎えると、ゲレーロに先制の左犠飛を浴びた。四回には再びゲレーロに甘い球を捉えられ、今度はバックスクリーンまで運ばれた。6回4安打2失点と粘ったが、結果的には重い2点となった。

 七回に糸井が押し出し四球を選び1点差としたが、八回には2死満塁で登板した阪神4番手の藤川がゲレーロに押し出し死球を与えた。

 中日の先発・鈴木は6回1/3を1失点で4勝目(3敗)。出身地の浜松市で故郷に錦を飾った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス