文字サイズ

岩貞、首位攻防広島戦で無念…4回4失点で降板 大瀬良の安打から3失点

3点を失った4回を終え、ベンチに戻る阪神・岩貞祐太=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
1回阪神、1死一、二塁、広島・鈴木誠也に先制適時打を打たれる阪神・岩貞祐太=マツダ(撮影・飯室逸平)
4回広島、広島・菊池涼介(右)に2ランを浴び汗をぬぐう阪神・岩貞祐太=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「広島-阪神」(25日、マツダスタジアム)

 阪神先発・岩貞が首位・広島を相手に4回4失点で降板した。

 悔やまれるのは1点ビハインドで迎えた四回のマウンド。2死から投手の大瀬良に左翼へのエンタイトルツーベースを浴びると、続く田中に左翼への適時二塁打。さらに、ここで打席に迎えた菊池に1ボール2ストライクからの4球目に投じた低めの直球を左翼席上段に運ばれる2ランを被弾した。直後の五回の打席で代打・大山を送られ降板となった。

 首位・広島との大事な一戦。初回には1死から菊池の三ゴロを鳥谷が捕球ミス。続く丸を四球で歩かせると、4番・鈴木に左前への先制打を許していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス