文字サイズ

阪神・能見が3敗目 西武・中村に3ランなどチーム全得点叩き出される

5回西武、西武・金子侑司に四球を与え、悔しそうな表情を見せる阪神・能見篤史=甲子園(撮影・高部洋祐)
3回西武、西武・中村剛也(左)に3ランを浴びた阪神・能見篤史=甲子園(撮影・高部洋祐)
1回を投げ終え、ベンチで汗を拭う阪神・能見篤史=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「交流戦、阪神2-4西武」(14日、甲子園球場)

 阪神・能見が西武・中村ひとりにチームの全得点となる4打点を許し、3敗目(2勝)を喫した。このカード1勝1敗のタイとなった。

 能見は立ち上がりの初回、2死走者なしから2四球を与えると、5番の中村には右前適時打を浴び、1点の先制を許した。

 さらに三回にも、簡単に2死を奪ったが、秋山、浅村に連打を許して、またも2死一、二塁で中村を迎えると、ここで中村は右中間最前列への14号3ラン。

 能見は結局、5回で9三振を奪う力投も4安打で4失点。中村のひとりにやられた形となった。

 その中村はこの甲子園球場での本塁打で、12球団本拠地アーチをマークした。

 能見から4打点の中村は「(前の打者の)秋山と浅村がつないでくれたので何とかしたかったので良かったです。本塁打はほぼ完璧に打てましたが、何とか入ってくれました」と笑顔。12球団本拠地アーチには「記録にはこだわってないが、甲子園だけ打っていなかったので少しでも早く打ちたかった」と振り返っていた。

 西武は今季2度目の先発となった岡本が、5回1/3を6安打2失点で2勝目。

 阪神は4点を追う五回に中谷、鳥谷の連打で無死二、三塁とし、俊介の二ゴロの間に1点、梅野の中犠飛で1点と計2点を返したが、その後は西武の継投の前に得点を奪えなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス