文字サイズ

阪神、ソフトバンクに負け越し…ドラ2小野はまたもプロ初勝利お預け

7回、腕組みをしながら厳しい表情で戦況を見守る金本監督
3枚

 「交流戦、ソフトバンク5-2阪神」(11日、ヤフオクドーム)

 阪神が競り負けてこのカードを負け越した。ドラフト2位の小野は六回途中を4安打3失点で降板し、4回目の先発でもプロ初勝利はお預けとなった。

 ソフトバンクは一回1死一、二塁からデスパイネが右前適時打。2死満塁から明石が押し出し四球を選び2点を先制した。三回1死一、二塁から松田が右中間へ適時二塁打。九回2死三塁から今宮、柳田の連続適時打で2点を加えた。

 阪神は3点を追う五回、梅野が左越え2号ソロ。七回に代打・糸原の右前適時打で1点差まで追い上げたが、八回に4番手・高橋が突き放された。

 ソフトバンクは今季初登板初先発の山田が5回1失点で初白星。六回から五十嵐、森、岩崎、サファテと小刻みに継投した。

 阪神先発のドラフト2位・小野(富士大)は六回途中を4安打3失点で降板。またしてもプロ初勝利はお預けとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス