文字サイズ

金本監督、五回の好機に中谷凡打「僕らの指導力不足ですね」

5回、阪神・中谷将大は右飛に倒れ、ベンチに戻る=甲子園(撮影・北村雅宏)
5回、右飛を打ち上げる中谷(撮影・高部洋祐)
選手交代を告げる阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神1-3巨人」(24日、甲子園球場)

 巨人に連敗した阪神・金本監督は、五回の攻撃を嘆いた。

 五回、先頭の福留がチーム初安打となる右翼フェンス直撃の三塁打で絶好の先制機を作った。しかし、続く中谷は浅い右飛。巨人の内野陣は前進守備を敷かず内野ゴロでも1点の場面だった。

 金本監督は「中谷のところでしょう。これだけ言ってもできないんだから、僕らの指導力不足ですね」と1点を奪う打撃ができなかったことを嘆いた。

 鳥谷の死球で1死一、三塁と好機は続いたが後続も倒れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス