文字サイズ

阪神、荒木の好走塁契機に一気に逆転 相手ミスにつけ込む

6回、左前打を放ち守備が乱れる間に二塁に向かう荒木
6回、糸井の内野安打で同点となる
6回、上本の犠打で三塁に進塁する阪神・荒木=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「ヤクルト-阪神」(3日、神宮球場)

 「1番・一塁」で今季初スタメンの阪神・荒木が、好走塁で糸井の同点適時内野安打を呼び込んだ。

 1点を追う六回。先頭打者として打席に立ち、山中の5球目を左前へ運んだ。イレギュラーもあり、左翼のバレンティンが打球処理にもたついた。そのスキをつき、勢いよく一塁ベースを蹴った。無死二塁のチャンスを作り、きっちりと上位打線にお膳立てした。

 続く上本がバントで投前に転がすと、山中が三塁へ送球しこれがセーフ(記録は犠打野選)となる。無死一、三塁の場面で3番・糸井が一塁への内野安打を放ち、同点。二者凡退の後、2死一、二塁から鳥谷が中前へ勝ち越しタイムリーを放った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス