文字サイズ

大山ショート構想浮上 肩強く、送球も安定 足の動き身につけばいける

 遊撃手としての成長も期待される大山
1枚拡大

 堅実な守備は、大きな武器になる。長打力を評価され、阪神のドラフト1位で指名された大山悠輔内野手(22)=白鴎大=だが、春季キャンプでは高い守備力をアピール。そんな非凡な才能を見た首脳陣は将来的に「遊撃手」として育てる構想が浮上している。

 2軍の試合では三塁を守るが、練習では遊撃のポジションに入り、ノックを受けている。三塁ではもったいない。周囲をそう思わせる大山の魅力は、肩の強さと送球の正確さだ。高校時代に投手を経験したこともあり、一塁まで伸びのある“速球”を投げる。指導する藤本2軍内野守備走塁コーチも、遊撃手プランについて「可能性はあると思うよ。送球も安定しているしね」とうなずく。

 この遊撃手プランは将来的に遊撃の定位置に就かなくても、大山の成長を促すものになる。三塁手は横の動きが遊撃手よりも小さい。そのため、打球に対して足を止めて捕球する機会が多い。三塁を本職とする大山も守備の際には足の動きが少ない上、捕球の際に悪い癖があった。

 藤本コーチは「(大山は)右(足の前)で捕る癖があるから。直さないとアカンし、ショートだと一発(ワンステップ)で投げないと間に合わんから。(遊撃を守って)足を使うことがどれだけ重要か分かってくると思う」と説明。遊撃手の足の動きを身につければ、今後どのポジションを任されても、その経験は生きるという。

 もちろん打撃の向上も必要。だが、今の阪神には安定した守備力が欠けている。だからこそ、守れる大山への期待は膨らむ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス