文字サイズ

阪神がサヨナラ勝ち 原口が延長十一回に初のサヨナラ本塁打 藤川が初勝利

延長11回、サヨナラ弾を放ち、歓喜の原口(撮影・高部洋祐)
延長11回、左越えへサヨナラソロを放つ阪神・原口文仁=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
延長11回、殊勲打を放った阪神・原口文仁をホームで待ち構える阪神ナイン=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神5-4ヤクルト」(6日、京セラドーム大阪)

 阪神が今季初のサヨナラ勝ちで初の連勝、カード勝ち越しを決めた。勝率も5割に戻し、3位タイとした。

 4-4の延長十一回、先頭の原口は、カウント2-1からヤクルト杉浦の直球を左翼席に運んだ。今季1号は自身初のサヨナラ本塁打となった。

 金本監督と抱き合って喜んだ原口は「最高です。打った瞬間、自分の中でも完璧で最高でした。うれしいの一言です」と喜んだ。サヨナラ勝ちに金本監督は「さすがにホームランは期待しなかったんですけど、なんとかツーベースを打ってくれと思っていた。まさかと言ったら失礼になりますけど、しんどい試合をサヨナラで勝ててうれしいですね」と笑顔、笑顔だった。

 初回に糸井、原口、鳥谷らの適時打で4点を先制しながらメッセンジャーが中盤につかまり追いつかれ、延長戦に突入していた。

 十、十一回と2回無失点の藤川が今季初勝利。金本監督は「2イニングいってくれて、昔のいいときの球児を思い出すようなフライアウトはさすがでした」と褒めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス