文字サイズ

阪神・糸井、2打席連続タイムリー 広島ジョンソン攻略の主役担う

 4回阪神1死三塁、糸井が右翼線に適時打を放つ=マツダ
2枚

 「広島-阪神」(31日、マツダスタジアム)

 阪神の3番糸井が、2打席連続タイムリーを放った。

 5-1と4点リードの四回1死三塁、カウント3-1からジョンソンの内角に食い込む146キロツーシームをフルスイング。打球は一塁線を破る適時打となった。

糸井は「上本が必死に右打ちして進めてくれて回ってきた打席だったので、ランナーを返すことができて良かった」と安堵(あんど)した。

 阪神に移籍して初打席は四球を選び、2打席目は左中間へ2点二塁打、3打席目も適時打。阪神打線が昨季まで苦手としていたジョンソン攻略の主役を担った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス