文字サイズ

糸井がオープン戦初アーチ 右翼席中段へ弾丸3ラン

1回、先制の3ランを放つ糸井
1回阪神無死一、二塁、糸井が3ランを放つ=神宮球場(撮影・堀内翔)
1回、3ランを放った糸井を迎える阪神ナイン=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「オープン戦、ヤクルト-阪神」(19日、神宮球場)

 オリックスからFA移籍した阪神の糸井嘉男外野手が、「3番・中堅」で先発出場し、オープン戦初本塁打を放った。

 初回、連続四球で無死一、二塁と好機を広げた場面で迎えた第1打席。カウント2-2から浮いたチェンジアップを完ぺきに捉えた。打球は弾丸ライナーで右翼席中段に突き刺さった。

 右翼の雄平が2、3歩動いただけで追うのをやめた文句なしの一発。右膝関節炎の影響でキャンプを別メニュー調整で過ごし、15日のオリックス戦から実戦復帰。前日のDeNA戦では移籍後初めて中堅の守備位置につくなど、順調に開幕へ向けた調整が進んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス