文字サイズ

青柳“将の激辛エール”響いた 次回登板で左打者内角攻める

 青柳(右)と談笑する金本監督(左)=撮影・北村雅宏
1枚拡大

 阪神・青柳晃洋投手(23)が16日、金本監督から「激辛エール」を送られた。15日の教育リーグ・中日戦(ナゴヤ)では、5回6失点の大乱調。指揮官からの強烈な“いじり”を糧に、次回登板で猛アピールを試みる。

 鳴尾浜で行われた全体練習中、心に響くエールが届いた。厳しい指摘は、前日の投球を大反省していた右腕の考えとも一致。同じ失敗を繰り返さないことを力強く誓った。

 「『左打者の内角にいけなかったんだろ?』と。『今のお前の球は俺でも打てる。笑いながら、目をつぶってでも打てる』と言われました。次はしっかり攻めたいと思います」

 新球カーブと同様、左打者への内角攻めは昨年からの課題の一つ。青柳は「結果を出さないといけませんね」と表情を引き締めた。

 香田投手コーチは、右腕の次回1軍登板を明言した。昨季4勝からのステップアップが期待される17年シーズン。課題をクリアし、まずは開幕ローテ入りを確実なものにする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    プロ野球

    サッカー

    お探しのページはみつかりませんでした。/デイリースポーツ online

    お探しのページはみつかりませんでした。Page Not Found

     

    指定されたページまたはファイルは削除されたか、存在しないため、見つかりませんでした。URL、ファイル名にタイプミスがないかご確認ください。

    次のことをお試しください。

    URLが正しいかどうかを確認し(大文字・小文字の区別も含めて確認)、 間違っていた場合は正しいURLをアドレスボックスに入力
    ブラウザの[戻る]ボタンをクリックして前のページに戻る
    →デイリースポーツオンラインTOPページへ

    

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス