文字サイズ

原口が本格的に一塁挑戦 矢野コーチ「ファーストメインで」

原口文仁
1枚拡大

 阪神の原口文仁捕手が、本格的に一塁手に挑戦することが2日、明らかになった。西宮神社参拝後の甲子園室内での練習で、キャッチボールからファーストミットを使用。投内連係なども一塁で参加し、サインプレーなどの連係の確認を行った。

 これまで捕手での勝負を臨んでいたが、開幕まで1カ月を切り、矢野作戦兼バッテリーコーチが明言。「ファーストをメインでやってもらう」と話した。

 昨年、育成契約からはい上がった苦労人。右肩の状態は良好だが、チーム状況などを踏まえた上での決断。持ち前の打撃力を存分に生かすため、現段階での最善の策をとった。

 一塁も簡単なポジションではないが、1試合を通して、多大な神経を使う捕手よりも打撃に専念できる。今やチームの中心打者。バットに、より期待がかかる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス