文字サイズ

ドラ6福永、独立Lの星になる 目標はロッテ角中、対戦も熱望

 阪神からドラフト6位指名を受けた福永春吾投手(22)=四国ILp・徳島=が17日、徳島市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸680万円で仮契約した。阪神が独立リーグ出身選手をドラフト指名(育成を除く)したのは初。1年目から1軍で活躍し“先駆者”となると誓った。

 「球界を代表する選手になりたいと思っていますし、今後、独立リーグの選手から『対戦したい』と言われるような選手になりたいです」

 目標にすべきお手本がいる。四国ILp・高知出身のロッテ・角中だ。今季、2度目のパ・リーグ首位打者に輝き、独立リーグからの道を切り開いた選手でもある。「投手とバッターで違いはありますけど、すごい選手。対戦もしてみたい」

 そんな夢を実現させるためにも、まず目指すのは開幕1軍。ロッテとは交流戦や日本シリーズでしか対戦機会はないが、1年間投げ続ければ可能性は広がってくる。「真っすぐで勝負して、三振を奪いたい」と“先輩斬り”を誓った。

 現在はシーズンを戦い抜く体力作りに励んでいる即戦力右腕。厚い胸板と、どっしりした下半身はしっかり鍛えている証拠だ。来春、さらに大きくなった体でベールを脱ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス