文字サイズ

北條がシーズン100安打、猛虎高卒野手4年目以内で4人目

6回、右越えに二塁打を放つ阪神・北條史也=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
6回阪神、無死二塁、けん制の送球が逸れる間に三塁を奪う阪神・北條史也=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「中日-阪神」(24日、ナゴヤドーム)

 阪神・北條が自身初となるシーズン100安打に到達した。今季が高卒4年目の若虎。これで阪神の高卒野手で4年目以内にシーズン100安打をクリアしたのは4人目となった。

 98安打で迎えたこの日の一戦。まずは、1点リードで迎えた三回の第2打席。中日先発・吉見の1ストライクからの低めの直球を左翼席へ運び100安打へ王手。「打球が上がりすぎたので、どうかなと思ったのですが、ホームランになってくれてよかったです。いい感じにバットのヘッドを走らせて打つことができました」と2戦連発となる5号ソロに胸を張った。

 さらに六回の第3打席ですぐに決めた。右翼フェンス直撃の二塁打を放ち節目の数字に乗せた。これまで阪神高卒野手が4年目までにシーズン100安打以上を放ったのは藤田平、掛布雅之、新庄剛志の3人だけだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス