文字サイズ

原口、判定覆り「難しいですね…」

 3回、コリジョンルールにより、小林誠の生還が認められガックリの原口
1枚拡大

 「阪神1-3巨人」(11日、甲子園球場)

 阪神・原口は審判団の判定を黙って受け入れた。捕手としてのプレーに一切の落ち度はなかったように見えた。それでも覆った判定-。試合後、「難しいですね…。まだ映像を見て自分がどういう動きをしたかも分からないので」と唇をかんだ。

 試合開始前、聖地にコールされた「5番・捕手・原口」に大歓声が巻き起こった。阪神の捕手では師匠と仰ぐ城島以来、クリーンアップに座る快挙。サクセスロードを歩み続ける男がまた一段、階段を上った。七回無死満塁の場面では、中軸としての存在感をしっかりと示した。

 代わったマシソンに素早く追い込まれたが、ここから驚異の粘り腰を見せた。「何とか1点と思って」とカウント1-2から2球連続の外角スライダーにバットが止まった。フルカウントから厳しい内角直球をファウルし、最後は7球目をしっかり見送っての四球。直後に自然とガッツポーズが飛び出すほど、内容のある押し出しで巨人・田口を無傷で帰らせなかった。

 クリーンアップで記念すべき初打点。それだけに「結果を出して行きたかったし、勝ちたかった」と悔しさをにじませる。

 ただ初となる伝統の一戦で光るリードを見せたのも事実だ。不可解な1点を奪われた直後、2死二塁で第1打席にソロ本塁打を浴びた坂本に対し、原口はカーブを要求。第1打席で痛打された球種をあえて選択した。

 「そこはいろんな捕手のスタイルがあるので」と原口。現役時代、この手法をよく使った城島は「打たれたボールを捕手が消せば、投手の力を半減させる。もう一つは相手への意思表示。たった一度では負けないぞ!ってね」と説明していた。

 助っ人右腕を八回まで引っ張り、追加点を許さなかった“攻め”のリード。そんな勝負度胸さえ失わなければ、正捕手と呼ばれる日は必ずやってくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス