文字サイズ

メッセ“乱投”4失点…来日初ボークも

 「DeNA5‐3阪神」(22日、横浜)

 投じたボールに、まったく手応えがなかったわけではない。それでも、ゲームをつくれずに4回8安打4失点での4敗目だ。「(ボールが良くても)スコアボードに反映されなければ意味がない」。阪神・メッセンジャーは、ゆっくりとした足取りで帰りのバスに乗り込んだ。

 「空振りや三振は奪えていたし、ボール自体は良かったと思うけど、細かいコントロールミスをやられてしまった」

 初回に2点を奪われてさらに四回だ。無死一塁から藤井を迎えると、一塁にけん制しようとしたが、新井がチャージをかけていたために投げられず、結果的にプレートを外さずに「偽投」する形でボークに。さらに藤井の送りバントを処理して三塁に投げたが、間に合わずに野選に。無死一、三塁となると、続く石川に左中間を破られる2点適時三塁打を浴びた。

 「ちょっと独り相撲になったね。イライラしてる感じはあった」と和田監督。二回と三回はピンチを招きながらも無失点に抑えていたが、ミスが絡んでの悔やまれた敗戦。4イニングすべてで先頭打者を出してしまう形で、思うような投球ができなかった。

 本来なら、前日の試合に先発予定だったが、降雨中止で長野から移動する形でのスライド先発となっていた。中西投手コーチは「こういう結果を見ると、一日スライドした影響がなかったとは言えない。一日のスライドは(今後も)あるからやってもらわないと」と振り返ったが、今後もローテの軸として期待することには変わりない。

 「次、同じ相手に同じようなピッチングをして、抑えられるかもしれない。今日は、いいボールは投げられていた。(ボークの後は)自分が抑えていれば点は取られていないわけだし、抑えないといけなかった」

 反省すべきところは分かっている。何度も同じようなことはできない。この敗戦を、次回に生かすだけだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス