文字サイズ

配偶者が浮気、相手の身元どうやって特定…元アイドル平松まゆき弁護士が解説

 アンジャッシュ渡部建が複数の女性と不貞行為に及んだことが発覚した。場所は多目的トイレで、1万円を渡して用済みにするなど女性への敬意が微塵も感じられないことから渡部のイメージは大きく変わった。それでも現状では妻の佐々木希との間に離婚話は聞こえてこない。配偶者の不貞行為に気づいた場合、力になってくれるのは弁護士だ。元アイドルの平松まゆき弁護士に、浮気を勘ぐった場合の証拠集めや相手の身元判明方法についてQ&A方式で解説してもらった。

 Q 慰謝料の相場はどのくらいですか?

 A 請求の相場は300万円-500万円かと思います。ただし、これはあくまで「請求」する際の相場です。実際の「判決」の相場は夫婦の婚姻期間、不貞の態様や期間・回数等によっても変わるのですが、100万円-300万円程度ではないでしょうか。「示談」の相場は、裁判を起こさないことを条件に多めに支払われることもあれば、逆に早期解決のために少なくても妥協する、といったように個別事情によって変わります。

 Q 慰謝料請求をする場合に証拠としてはどんなものが必要ですか?

 A 法的には配偶者と浮気相手との間に「性交渉がある」ことを立証する必要があります。ですので、単にデートしている、好きだとメールしあっているという証拠だけでは足りません。「性交渉がある」ことを裏付けるもの、たとえば互いに性的な会話や写真をやり取りしているメールやLINE履歴等が重要な証拠になります。あとは配偶者が自白しているなら不貞を認める録音データを残すとか、覚書を作ることも有益です。大した証拠がないと分かった後になって自白をひるがえす人も多いですからね。

 Q 夫(妻)のスマホを勝手に盗み見て証拠収集することに問題はありませんか?

 A これはモラルの問題のようでもありますが、法的にも議論されるところです。裁判例では、その証拠が「反社会的」な方法、つまり常識を大きく逸脱するような方法で収集された場合は証拠能力を否定するとしています。私の経験では、夫(妻)のスマホを盗み見てLINEのトーク画面を撮影したものや、ラブホテルの出入りをこっそり写真におさめたものの証拠能力が否定されたことはありません。これに対して、例えば浮気相手の自宅に不法侵入するなどして採取した証拠の証拠能力は否定されると思われます。

 Q 浮気相手の身元が分からない場合はどうしたらいいですか?

 A 「浮気をしているのは確実だけど、相手が誰かは分からない」という問題ですね。そういったご相談は実によく受けますが、残念ながら相手の氏名、住所又は勤務先が分からない場合、慰謝料請求はできません。「弁護士であれば調べられると聞いた」ということもしょっちゅう言われるのですが、弁護士は探偵のような仕事はしませんのでなんらの手がかりもないのに浮気相手の身元を調べることはできません。

 ただし、弁護士には職権として「弁護士会照会」という調査権限が法律で認められています。ですので、例えば浮気相手の携帯の電話番号やメールアドレスだけは分かっているという場合には、携帯電話のキャリア会社に「弁護士会照会」をして、契約者情報(氏名、住所)を割り出すことは可能です。なお、LINEのトーク画面だけをおさえている、LINEのフレンド登録名だけは分かる、というだけでは照会はできません。

◆平松 まゆき 弁護士。大分県別府市出身。12歳のころ「東ハトオールレーズンプリンセスコンテスト」でグランプリを獲得し芸能界入り。17歳の時に「たかが恋よされど恋ね」で歌手デビュー。「世界ふしぎ発見!」のエンディング曲に。20歳で立教大学に入学。芸能活動をやめる。卒業後は一般企業に就職。2010年に名古屋大学法科大学院入学。15年司法試験合格。17年大分市で平松法律事務所開設。ハンセン病元患者家族国家賠償訴訟の原告弁護団の1人。

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス