文字サイズ

どうして国税局の職員が来賓で鏡開き? 日本酒発祥の地・奈良で一斉乾杯

 消費税が10%に引き上げられた10月1日、実は「日本酒の日」でもあった。日本酒造組合中央会による「全国一斉日本酒で乾杯」が呼びかけられる中、「日本清酒発祥の地」として知られる奈良では、県内各地の蔵元28社によって清酒が振る舞われる「大和のうま酒で乾杯」が行われ、大勢の日本酒ファンが集った。

 午後5時、奈良県酒造組合の倉本嘉文会長の挨拶に始まった今回のイベント、来賓らによる樽酒の鏡開きが行われた後、法被を着たスタッフが、集まった人たちに振る舞い酒のカップを手早く配布して一斉乾杯。各蔵元が自慢の酒を持ち寄った試飲コーナーには行列ができ、用意された酒は乾杯から15分余りでまたたく間に飲み干された。

 いわゆる「日本酒乾杯条例」が最初に施行されたのは2013年1月の京都市。奈良でも同年12月に「奈良市清酒の普及の促進に関する条例」が施行され、以後一斉乾杯を行ってきた。日本酒造組合中央会によって「日本酒の日」が定められた1978年から「乾杯条例」成立までの35年間で、清酒の消費量は約3分の1にまで落ち込んだ。倉本会長によると、一斉乾杯のほかにも、フレンチと日本酒の食事会、奈良県東京事務所「奈良まほろば館」での日本酒セミナーや試飲、全国きき酒選手権大会の予選開催など、様々な趣向で日本酒の振興につとめている。

 何の因果か、この日は消費税が10%に引き上げられた初日。お酒にも10%の税金が課せられるようになってしまった日に、来賓として鏡開きをしている人の多くが、奈良税務署や大阪国税局の関係者なのは一体なぜ?

 不思議に思って酒造組合の方に聞いてみると、酒税法によって定義され課税される日本酒は、一般の食品とは違って財務省の管轄になるとのこと。確かに国税庁のホームページを見ると「お酒に関する情報」のコーナーがあり、国税局主催の日本酒セミナーや清酒鑑評会が開催され、日本酒の振興を後押ししている。しかし。そもそも酒税と消費税を両方取られている日本酒は、軽減税率に入れるべきなのでは!!と思う日本酒ファンとしては、なんだかモヤモヤが残る。せっかくの機会に国税局の方に直接問いただしたかったのだが、鏡開きのあとはすぐに法被を脱がれてしまい、人混みに紛れてしまった。

 それはともかく、遠雷の響くあいにくの空模様の中、奈良の美酒を求めて大勢の人たちが集まった。「日本酒好きの友達が多いので、日本酒で乾杯することも多いです」という奈良市内に住む女性は、SNSでイベントを知り初めて来たという。一方、持参したおつまみを周りに振る舞っている男性は、どうやらリピーターらしい。奈良公園などを訪れた外国人観光客も多く、珍しそうに日本酒を注いでもらったり、サプライズの振る舞い酒にすっかりご機嫌なグループも。

 酒造組合事務局の多山藤樹さんは、「こちらでの販売はしていないんです。ここから近くのお店に流れてもらって、多くの人に奈良のお酒を食事と一緒に楽しんでもらいたいですね」という。実際、広場の地下にある蔵元直営の立呑み店は、普段以上に賑わっていたようだ。

 奈良町周辺では近年、奈良の地酒を数多く取り揃える飲食店が増加している。同市西寺林町にある奈良県酒造組合認証の奈良酒専門店「なら泉 勇斎(ならいずみ・ゆうさい)」では、28の酒蔵でつくられる季節限定酒を含む約120酒類の日本酒を飲み比べることができる。

(まいどなニュース特約・鹿谷 亜希子)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス