文字サイズ

猫の「広報部長」がいる眼鏡店 地域に愛され10年~うちの福招き猫~西日本編~vol.4

 JR門司駅から歩いてすぐ。北九州市門司区にある「めがねのヨシダ」(吉田清春社長)は、1885年創業の老舗眼鏡店。ここで10年前から“広報部長”を務めているのが、茶トラの「寅矢(とらや)」(オス、推定10歳)だ。飼い主で店長の陣内博紀さん(57)と一緒に、毎日、専用のキャットカーに乗って通勤。昼間は店の奥にある眼鏡の製作ラボで認定眼鏡士の陣内さんと一緒に過ごし、リクエストがあれば店内に出て接客をしている。陣内さんに寅矢と過ごした10年間を語ってもらった。

■「猫ちゃんがいるから」とメガネを作る人も

 この子が店の裏口に現れたのは2008年11月。まだ生後2ヶ月くらいでした。当時、店の周りにいた野良猫の中に突然現れ、エサをあげるとガツガツ食べ出したんです。1カ月間ほど様子を見ていたのですが、12月半ばのある日、雪が降ってきましてね。それで、私が保護して家へ連れ帰ったんですよ。

 今は体重が8キロもあって、ちょっと痩せないといけないくらいですが、その当時はやさぐれていましてね。鼻のあたりは疥癬(かいせん)になり、声はガラガラでした。悲壮感が漂っていてねえ。これはもう、私が保護してあげなければと。それまで犬は飼ったことあったけど、猫を飼うのは初めて。なんの相談もなく急に連れ帰ったものですから、家族はびっくりしていましたけどね(笑)。

 その3日後のこと。急に呼吸困難になり、慌てて病院に連れていくと、膿胸(肺に膿みがたまる病気)と診断され、すぐに緊急手術をしてなんとか一命をとりとめました。体が回復してからは、昼間、家には誰もいないので、一緒に店へ連れていくことに。すると、スタッフやお客さんから「かわいい」、「癒される」と人気者になりました。社長に相談して「それなら広報部長を務めてもらおう」ということになったんです。

 出勤後、ふだんは私が作業しているラボでだいたいは寝て過ごしています。お客さんの要望があれば、店内に出します。うちは眼鏡をはじめ、時計や宝石、補聴器も扱っていますが、寅矢がいると、お客さんとの会話がすごく弾みます。意外と猫好きの方って多いんですよね。

 寅矢は、これまでけっこうな数のお客さんを招いてますよ。駅前や店の入口には、寅矢のイラストや写真が大きく掲示されているでしょう。店の前を通る方々がそれらを見て足を止め、店に入ってきてくださいます。

「猫ちゃんがいるから、ここで眼鏡をつくりたい」と子どもせがまれ、眼鏡を毎回つくり直すたびに来てくれるお母さんや、来店された際は必ず「幸せをもらった。ありがたや~」と寅矢を拝んで帰られる80歳すぎのおばあさんなど、地域の大勢のお客様から愛されています。寅矢がきっかけで、高級な眼鏡をご購入いただいた方もいます。この10年間、広報部長の名に恥じない働きぶりですよ。

 私は、オーダーメイドの眼鏡を作っていると、つい夢中になって、どうしても根を詰めてしまうタイプなので、寅矢がそばにいてくれるだけで、なんだか気持ちが落ち着くんですよ。今は私の息子であり、いつもそばで見守ってくれる大切な相棒です。

(まいどなニュース特約・西松 宏)

  ◇  ◇

【店名】「めがねのヨシダ」

【住所】福岡県北九州市門司区中町1-21

【電話】093-391-3333

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス