文字サイズ

ガチャガチャまでキャッシュレス…進化に複雑「今小銭がない、と言い訳できない」

 世の中止まらぬキャッシュレス化の流れですが、丸いカプセル入りのおもちゃが出てくるカプセルトイ自販機(いわゆるガチャガチャ)もキャッシュレスになったとSNSなどで話題になっています。目当ての商品が出るまで、小銭を抱えてハンドルを回し続けたのは昭和・平成の思い出。Suicaなどの交通系電子マネーを「ピッ」とかざすだけで、両替いらず。思う存分グルグル回せるようになりました。しかし、これは「大人買い」のハードルがぐぐっと下げられた予感。便利になるのはいいけれど、ちょっぴり怖い…と感じるのは私だけでしょうか…。

 バンダイが開発した「スマートガシャポン」。4月からJR池袋駅で本格稼働しており、6月末までに50セットを首都圏各地で稼働させるなど、順次設置場所を拡大していく予定だそうです。

 新しい自販機は、これまでのようなカプセルトイ自販機5台分と、ディスプレイのついた交通系電子マネーの読み取り機械を組み合わせたようなかたち。購入するには、(1)操作用タッチパネルで購入したい商品を選び、(2)Suicaなどの交通系電子マネーを読み取り機にかざした後、(3)購入したい商品の入った自販機のハンドルを回して商品を取り出す…という流れ。

 Twitterなどでは、便利になったとことを喜ぶ投稿がある一方、「今小銭がない、という言い訳ができなくなった」「ホントに使いすぎしそうだねえ」「おのれバンダイ、散財しやすくしおって」という声も見られます。そんな世の中の懸念について、開発した会社としてはどう考えているのでしょうか。バンダイの担当者に聞きました。

 -なぜガチャガチャをキャッシュレスにしようとしたのでしょう。

 「国内でキャッシュレス決済のニーズが増えているので、それに応えるためです。運営面からはキャッシュレスにすることで集金作業の負担を減らせるというのもあります。また、新たな機能・サービスを提供できるようになることで、設置先を拡大できると開発しました。池袋では駅の中でも人通りが多い改札付近に置いていますが、交通系の電子マネーに対応したから設置できたという背景もあります」

 -ちなみに、キャッシュレスのガチャガチャはどれくらい珍しいのでしょう。もしかして、世界初とか?

 「いえいえ。カプセルトイはアジア圏、特に香港や台湾、最近では中国でも人気なのですが、それらの地域ではキャッシュレス文化のため、海外のほうが進んでいます。日本はようやく本格導入というところですね」

 -どれくらい利用されているのでしょう。

 「通常の平均的なカプセルトイ自販機に比べて5~6倍の販売額となっており、非常に好調です。想定以上に駅という設置場所と電子マネー自販機の相性は良いと感じています」

 -しかし、ガチャガチャは当たりが出るまで回すことが多いですが、キャッシュレスになって小銭を用意する手間が省ける分、大人買いをしてしまいそうな気がします。

 「おっしゃる通り、電子マネーで「ピッ」と購入できるため、その都度コインを連続投入する必要がある通常の自販機に比べると、1回1回の購入のハードルが低いですよね。連続購入されるお客様が比較的多いようです」

 -そのことで「もう、いっぱい買っちゃったじゃない!」とか、クレームを受けることはありませんか…。

 「お客様からそのようなご意見は特にいただいていません。私自信、お客様が購入される様子を拝見していますが、多く買った方もみなさん前向きというか、後悔されているような雰囲気の方はいらっしゃいませんでした。キャッシュレスになることで、購入すること自体の心理的負担も軽くできているのはないかと思います」

 -楽しく買えているのであれば…よかったですね。ちなみに、キャッシュレス自販機だからこそよく売れているものはありますか。

 「駅構内に配置していることもあり、大人向けの『ハイ・ターゲット』な商品が良く売れる傾向にあります。キャッシュレス販売機だからこそ『これが売れる!』という商品は今のところありませんが、500円の高額商品でも、通常より連続購入が多いためか、良く売れています」

 -具体的にどんな商品でしょうか。

 「最近はカプセルトイといいながら、カプセルを使わない商品も出てきています。容器がない分、サイズを大きくできますね。たとえば『だんごむし』のアイテムでは、身体が丸まった状態で出てくるようにすることで、驚きのサイズ感を実現しています」

 -そのほか、今回の自販機の特色があれば教えてください。

 「ネットワークでつながり在庫がわかる機能があります。以前からお客様に『商品が欲しいけど、どこで売っているか分からない』というご意見をいただいておりましたので、商品の販売状況をお知らせする機能を長年模索していました。また、モニターを搭載しているため、通常自販機ではできないような、映像による演出やゲーム性を持たせることが可能です。テスト展開時はその面で抽選映像を流し、当たりが出たらもう一回カプセルがもらえる、という機能を盛り込みました。今後も、モニターでエンターテインメント体験を提供することで、商品を買う行為にプラスαの楽しみを付加したいと考え、企画を詰めています」

 -ちなみに、キャッシュレスとはいっても、最後はハンドルを回す操作が残っているんですよね…。

 「『ガシャっと回してポンと出る』が『ガシャポン』のコンセプトですので、開発初期から一貫して、ハンドルを回す操作は残す仕様で考えてきました」

 -よかった! ガチャガチャの『醍醐味』は、進化しても変わりませんね!

(まいどなニュース・川上隆宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス