文字サイズ

平日の仕事終わり…なぜ彼らは「壁」を登るのか。夜ボルダリングに集う人びと

 2020年開催の東京オリンピックで正式種目として選ばれた「スポーツ・クライミング」。同種目は3種類に分かれ、その中の1つ「ボルダリング」が人気です。他の2種に比べ登る壁の高さが低いこと、身一つで登れること、始めるときに特に装備や道具は必要ないことなどから、一般人でも挑戦しやすいのでしょう。さらにここ数年、休日だけでなく平日も街中のジムで「夜ボルダリング」を楽しむ人の声や姿を、SNSなどで見かけるようになりました。休日ならまだしも平日仕事終わりの疲れた身体で壁に登る…。正直、文系出身の筆者には及びもつかぬ行為です。いったいどんな人たちが集い、何を求めて夜、壁と対峙するのか。平日夜10時まで営業している、神戸市垂水区の「ノボリバSG」に取材にうかがいました。

 筆者が取材に伺ったのは平日の夕方。まず、オーナーの山口照美さんに同ジムでのボルダリングのルールについて聞きました。ここでは約4メートルほどの壁面にランダムに取り付けられたホールド、と呼ばれる色とりどりの突起を登ります。軽装であれば服は何でも可、足もとはボルダリングシューズにはき替えます。つま先までなめらかにフィットする独特の履き心地で、なれてきたら足指の先でホールドをつかむように登れるようになります。

 同ジムではクライミングの習熟度によって1~7級のグレードに分かれており、それぞれの等級に色が割り当てられています。例えば、5級がピンク色だとしたら、該当級者はピンクのテープが貼られたホールドのみを使って上を目指します。大体7~10個のホールドをつかってゴールできるよう設定されているそう。両手でスタートして一番上のホールドを両手で3秒ほどつかんだまま姿勢を保持できたら、その課題はクリアです。

 山口さんによるとボルダリングに必要なのは必ずしも握力や筋力ではないそう。むしろ、どの石(ホールド)を、身体をどのように動かして登るのかを瞬時に判断し実践する、知的なスポーツなのだそうです。途中で手が離れて落下しても、足もとには、厚いマットレスが敷かれていているので安心です。トライ&エラーをくり返しながらゴールへと至る自分だけの最適解を求める、という一種パズル的な趣きのせいか理系の専門職に就いている人が多いといいます。男女比は8対2くらいで…などと話しているうちに日が暮れてきて、勤め帰りのクライマーが集まってきました。

 「夜ボルダリングをする人は増えています。昨今の働き方改革のせいか、ノー残業デーなどの日などに仕事終わりに来る方が多いように感じます。19時半くらいからぼちぼち来店し、少ない時で5人くらい、多い時は20人くらい」と山口さん。

 20時くらいになるとジム内に人が増えて活気があふれてきました。ホールドから次のホールドへと移る道筋を探し、空中で堪えるクライマーに「ガンバ!」の掛け声が飛び交います。皆、笑顔で、声掛けも明るく通ります。事前に“お仕事で疲れた人々が黙々とストイックに壁を登り、ストレス発散に来るのであろうか…”と考えていた筆者にとっては肩すかし、とも感じる明朗快活な空気感です。

 「仕事場でもなく家庭でもない第三の場所(サードプレイス)に来てのびのびとクライミングして欲しいんです。壁を登るときは一人だけど、ボルダリングは決して孤独なスポーツではない。ああして皆で課題に挑戦する人を応援することで一体感が生まれるんです」と笑顔の山口さん。

 ゴールできたクライマーには「ナイス!」の掛け声とともに、皆から大きな拍手が贈られます。な、なんという明るさ、そして楽しそう…!!取材以外は日がなパソコンに向かい文字を書き、電話やメールでのみ他人とやり取りする仕事をしている身としてはまぶしいほどの輝きです。引き続き、ジムの会員の方にもインタビューしました。

 まず20代の女性二人。それぞれ昼間は看護師と研究職のお仕事をなさっています。「職場以外の人とお話するのが楽しいんです」「毎月課題が更新されるから飽きません、クリアできると達成感がある」「今まで仕事から帰って眠るだけの生活だったけど、ここにくることで生活にリズムができた」などなど…。ここで知り合って友だちになったお二人は、土日に街中へ遊びに行くこともあるのだそうです。

 さらに40代の製造業の技術系専門職の男性にも聞きました。登頂すると「ナイス!」と皆から声を掛けられていましたね、気持ち良いですか?と筆者がたずねると、「ええ」。それって、普段は仕事で嫌なことがあったとしてもここでなら仲間の歓声に囲まれてヒーローになれる…みたいな?と重ねて聞くとニヤッと笑って「たまにはね」と答える男性。カッコいい…!!映画「スパイダー・バース」のキャラクター、ピーター・B・パーカーのようです。

 インタビュー終了は21時くらいだったのですが、ジムはまだまだ活気にあふれ「登るぞ!」という気迫に満ちていました。印象的だったのは、皆、登るのと同じくらい落ちるのが楽しそうだったこと。これは床に落ちてもぶ厚いマットが敷かれている、という安全性が確保されているゆえでしょう。高いところに必死で登る。途中で手が外れても大丈夫、安心して「失敗」できる…そんな「非日常感」を楽しめる場所。それこそが夜ボルダリングの醍醐味なのかな、とジムを後にしつつ思いました。(まいどなニュース特約・山本明)

  ◇  ◇

◆ノボリバSG/登録料1500円 大人・二時間1500円、1DAY2000円 シューズレンタル300円(価格は全て税抜き)営業時間 平日・11時~22時 土曜・10時~20時  日祝日・10時~18時 定休日 毎週木曜日 

◆詳細はこちら http://noboriba-sg.com/

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス