文字サイズ

清水宏保氏、家賃4万台ワンルーム時代を経て…金メダルからの転落人生語る

 長野五輪スピードスケート金メダリストの清水宏保氏が7日、TBS系「ビビット」で、金メダルから獲得から一転、一時は家賃4万円台のワンルームマンションで暮らしたことや、そこからはいあがり、億を超える年収を稼ぐ実業家となった現在までを赤裸々に語った。

 清水氏は言わずと知れた長野五輪金メダリスト。10年に惜しまれつつ引退した後は、テレビ出演、講演会などで収入が増え、実業家へも転身。モデル女性とも結婚するなど、華麗なる第2の人生を歩み始めたが、11年に不倫スキャンダルに見舞われ、その年に離婚することになった。清水氏は当時を振り返り「軽率な行動で多方面に迷惑をかけた」と反省する一方、「スピード離婚とか、何でもスピードをつけられて…」と複雑な思いもあったことを明かした。

 その後、鈴木宗男氏の誘いで衆院選に出馬。「北海道だし応援してくれる人もいる。札幌なら絶対大丈夫」という思いで選挙を戦うも、あえなく落選した。「無念さ、力のなさ、甘さを感じた」としながらも、鈴木氏に対し「何をしてくれたんだと巻き込まれた感はあった」と、鈴木氏を逆恨みするほど、心はすさんでいた。

 選挙期間で仕事もできず、その結果落選したことで、これまで港区100平方メートルの豪邸に住んでいたが、札幌で家賃4万円台の7畳ワンルームに転居。テレビを見るしかないような生活をしばらく続けたが、「失うものはもうない」と39歳で一念発起。貯蓄を全部はたいて札幌に治療院を開設した。

 自らポストにチラシを入れて歩くなど、地道な努力で治療院が軌道に乗ると、リハビリ施設、訪問看護ステーション、スポーツジムなど次々と展開し、現在では従業人も30人を超え、年収も億を超えるまでに。昨年再婚し、今年は待望のベビーも誕生した。「週刊誌に撮られて離婚して、元妻始め、事務所、番組関係者に迷惑をかけた」とこれまでの人生を反省し「自分が経験した運動をリハビリを含め、多世代、地域に提供していきたい」と、今後の目標を語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス