文字サイズ

百田尚樹氏、佐藤浩市に自身の原作映画への“出禁”を通告 安倍首相への“揶揄”発言に激怒

百田尚樹氏
1枚拡大

 作家の百田尚樹氏(63)が12日から13日未明にかけてツイッターを連続投稿。俳優の佐藤浩市(58)に対して、自身の原作映画への出演を「NG」にすると宣言した。

 百田氏が佐藤に対して怒りをぶつけたのは、発売中の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されたインタビューの内容だった。

 佐藤は首相役で出演する映画「空母いぶき」(24日公開)について「いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と、自身の生き方を踏まえた俳優としてのスタンスを表明。その上で、「ストレスに弱くて、すぐにお腹(なか)を下してしまうっていう設定にしてもらった」という役作りの背景を明かしている。

 ネット上では、この佐藤の発言に対し、潰瘍性大腸炎を患っている安倍首相を揶揄(やゆ)していると批判する声が一部であり、百田氏も「えらそうに!!何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と怒り心頭のツイートを投稿した。

 返す刀で、百田氏は「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と、自身の原作映画への“出禁”を一方的に通告した。

 怒りが静まらない百田氏は13日未明にもツイートを更新。同氏は「佐藤浩市の『下痢する首相にしてもらった』というインタビュー記事が、大炎上してる」とし、「おそらく明日あたり制作会社がコメントするだろうな。『記事は実際のコメントとは違う。間違ったニュアンスで伝えられた』とか何とか…。今頃、スタッフがその文章を必死に作っているとこかな」と制作側の対応を予想。最後に「ご愁傷様やで」と皮肉を込めて切り捨てた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス