文字サイズ

悠仁さまの机にピンクの刃物2本…改元前を狙った犯行か 小川泰平氏が分析

 4月26日正午頃、お茶の水女子大付属中(東京都文京区)で、何者かによって秋篠宮家の長男悠仁さまの机に刃物2本が置かれていたことを受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は29日、デイリースポーツの取材に対して、「悠仁さまに直接危害を加えようとは思っていないと思われるが、“愉快犯”の犯行と簡単に言えるものではない。この数日で退位、即位と行事が続き、一番注目を集めるだろうと、この時期を狙った犯行」と分析した。

 捜査関係者によると、2本の刃物はともに刃の部分がピンク色に塗られ、約60センチの棒の先に粘着テープで固定された状態で悠仁さまの席と隣席にまたがる形で置かれていたという。学校関係者が26日正午頃に発見したが、教室の外で授業が行われていたため、教室内は無人だった。侵入者は、教室の机に貼られた生徒の名前を書いたシールを見て、悠仁さまの机だと認識したとみられる。同校は約6時間後の同日夕方、警察に届けた。

 その後の調べで、大学の正門や中学の校舎付近など複数の防犯カメラにはヘルメットをかぶって青色っぽい服を着た中年くらいの不審な男の姿が映っていた。男は中学の校舎に入る際、インターホンで「水道工事の者です」と学校関係者に説明し、入り口を解錠させたという。警視庁では建造物侵入などの疑いで行方を追っている。

 なぜ、悠仁さまの机を特定できたのか。小川氏は「複数ある教室から悠仁さまの教室に入り込んだということは、事前に下見をしていたか、学校の事情を関係者などから聞き出して情報を得ていたことも考えられる。下調べで『水道工事』と言えば簡単に入れることなど、あらかじめ知っていた可能性もある」と背景を推測した。

 その目的について、小川氏は「今のところ、建造物侵入と、しいて言えば、銃刀法違反も考えらます。ただ、悠仁さまに直接危害を加えようという意識はなかったのではないか。机も壊していない。“愉快犯”と簡単には片づけられないが、そういう過程で快感を味わっている可能性もある」と推理した。

 気になるのが、この時期に起きたこと。小川氏は「月末に改元による行事があり、悠仁さまは現在皇位継承第3位から改元後は第2位になる。そうなると、警備上の問題で、5月1日以降は“準皇太子さま級”の護衛扱いになる。そういったことも分かっていたのかという気はする」と指摘。「皇宮警察と警視庁の合同で複数、登下校や授業中も校内で待機しているが、授業中に参観日のようにSPが授業風景をみることはない」と説明した。

 4月以降、同校への入学を批判する不審な電話が数件あったという。小川氏は「電話と因果関係は分からないが、その可能性も警察は視野に入れている。仮に同一犯だとして怖いと思うのは、電話がエスカレートして侵入に至ったということ。次は何が…ということを考えると、早急に身柄を確保する必要がある。学校側も初の皇族の受け入れで警備体制が不十分だった面があったのかもしれない。結果的に警鐘を鳴らすことになったのではないか」と指摘した。

 小川氏は「校内だけでなく、校外の防犯カメラや車のドライブレコーダーの映像…といったものから調べていけば、その者がどこから来たのか、犯行後、どこへ行ったのか、警察はある程度、把握していると思われます」と、早期逮捕の可能性にも言及した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス