文字サイズ

失恋話でカット代無料!「失恋美容室」 有村藍里も応援、カットはイケメン・モテ髪師

 誰でもいい、誰かに話を聞いてほしい。できればそっと、癒してほしい。そんな思いをかなえる「失恋美容室」が3月25日から10日間限定で、東京・高円寺の個室美容室「cowen(コーエン)」にオープンする。失恋エピソードを話せば、ヘアカット代が無料になるといい、話題を集めている。イメージモデルはタレントの有村藍里さん(28)=兵庫県出身=が務め、失恋から立ち上がり前を向こうとする人たちを応援する。

 「失恋美容室」は、コンテンツプロダクション「ヒャクマンボルト」が初めて企画した。お客が美容師に話した失恋エピソードを、ウェブコンテンツを製作する同プロダクションがカット代相当額で買い取る仕組み。失恋相手は芸能人や二次元アイドル、YouTuberなどでもOKとのことで、20日9時ごろツイッターなどで告知し、1日1組、限定10日間で予約を受け付けたところ、わずか3時間でいっぱいになったという。

 一般の人たちから様々なエピソードを集めている同プロダクション。代表取締役の酒井栄太さんによると、従来は同社スタッフが直接取材をしていたが、「失恋のエピソードは、ネガティブな話ということもあり、いざ集めようとすると難しい」とのこと。そんなとき知人の美容師から、「相手のことを知りすぎず、知らなさすぎず、適度な距離感があるせいか、美容師には自分のプライベートなことを話してくれる人も少なくない」という話を聞き、自身の行きつけで、さらに完全個室で他人の目を気にしなくて済む「cowen」に提携を持ち掛けた。美容室側も顧客拡大につながるとして快諾。ヘアサロン業界に新しいお金の流れを実現するといい、今後についてはエピソードの集まり具合などを見ながら検討するという。

 今回カットを担当するイケメン美容師・山崎和人さん(41)も兵庫県出身。美容師歴は22年目で、得意なイメージはモテ系、愛され系。高い技術力で「ヘアスタイルで女性の持ってる色気を最大限引き出す」のがポリシーといい、「カットをして恋愛が成就した」というお客が何人もいるほど、「パワースポット化」しているそうだ。山崎さんは「髪の毛を切って気持ちがスッキリするとか、髪の毛って魔法の力があると思うんです。つらい気持ちをスッキリさせて、その人のターニングポイントになるような1日にしたいですね」と意欲満々だった。(神戸新聞・広畑千春)

■失恋美容室公式サイト: http://1000000v.jp/shitsuren

関連ニュース

    >

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス