文字サイズ

【夜回り先生 水谷修 少数異見】子どもが、子どもを産む時代…3歳やけど女児放置に思う

 「少数異見=2=」

 教育家の水谷修氏が、今月5日に保護責任者遺棄容疑で逮捕された若い母親の事件について、高校教員時代の実体験を踏まえて問題提起した。容疑者だけを責めるのではなく、その本質を問う。

   ◇  ◇

 横浜で、大やけどを負った3歳の女児が、サランラップをまいた状態で放置されていた事件で、22歳の母親と1歳年下の交際相手の男性が逮捕されました。2人は、女児を病院に連れて行くことなく放置し、その妹の様子を心配した5歳の兄が近所に救いを求めて、発覚しました。命は取り留めたようですが、未だに病院で治療を受けています。

 私は、長く高校の教員をしていました。30年前でも20年前でも、高校在学中に妊娠し、そして高校を中退して出産、母親として子育てをする生徒たちはいました。そのどのような場合も、私は、生徒指導担当の教員として、その少女の家族や相手、そして相手のご両親と話し合いを続け、両方の家族からの住まいや金銭的、人的支援をきちんと受けることのできる状況を作り、支えました。子どもを産むという行為には、その子どもをきちんと育てる義務があります。そのためには、それなりの安定した収入が必要ですし、十代の出産、子育ての場合、それを手伝う家族の力が必要です。それを、教員として、きちんと支えてきました。

 今回の場合、この母親は、17歳で1人目の子どもを出産しています。彼女を支える体制は、どの程度あったのでしょうか。彼女と彼のしたことは、許されることではありません。これから法の下できちんと裁かれるでしょう。しかし、この2人の子どもの実の父親は、何をしていたのでしょうか。また、十代での出産、子育てを許した彼女の家族は、いったい何をしていたのでしょうか。子どもが子どもを産んで育てること、それがどれだけ大変で危険なことであるかは、だれが考えても理解できることです。

 だれか、このような事態になる前に、動くことのできる、動かなくてはならない人はいなかったのでしょうか。彼女たちだけを責めるのではなく、その周りの人たちや関わった人たちにも、自分たちの責任を考えてほしいと私は考えます。

 2022年4月から、成年年齢が18歳に引き下げられ、当然18歳から親の許可を必要とせずに結婚できることとなります。まさに今回のケースのような、「子どもが、子どもを産む時代」がさらに問題となると確信しています。親が何歳であれ、また親の収入が安定していないとしても、生まれてきた子どもには何の罪もなく、すべての子どもは、幸せに育つ権利を生まれながらに持っています。

 児童相談所や保健所などの関係機関は、速やかに生活の安定していない若年層の夫婦や一人親世帯の子育てを、金銭的にも人的にも、環境的にもチェックし、必要に応じて支援する体制を確立してほしいと考えています。

 また、中学や高校の授業の中で、親になることの重さをきちんと教えてほしいと考えます。

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス