文字サイズ

ベルギー移籍の植田直通 腕ぶす「やってやろうという気持ち。ワクワクしてる」

 ベルギー1部セルクル・ブリュージュへの移籍が決まったサッカーのロシアW杯日本代表DF植田直通(23)が15日、出発前の成田空港で取材に応じた。前日に5年半過ごした鹿島での最後の練習を終え、ついに海外の地へ。「やってやろうという気持ち。ワクワクしてる」と、腕ぶした。今回のW杯メンバー国内組では第1号の海外移籍となる。

 ロシアの地ではピッチに立つことはできなかった。「今までも海外に行きたい気持ちは強くあったけど、W杯期間中にいい話をもらったので決断した。W杯の舞台に立てなかった悔しさがある。その悔しさをぶつけるためにはもっと成長が必要。4年後、W杯の舞台でピッチに立つために成長したい」と、4年後への思いが決断を後押しした。

 ベルギーリーグの情報は鹿島の同期だった豊川雄太(オイペン)から収集。「スピードとパワーがあって、パワフルなサッカーをやってくる。自分はJリーグではそれを強みにしてきたけど、どこまで通用するかやってみたい。Jでやってきたことをもっともっと伸ばしていく。必ず成長できる舞台だと思う」と、印象を語った。

 現地入り後はメディカルチェックを受けて、正式契約。数日後には早くも練習試合が組まれているという。「まずはしっかり試合に出ること。出られれば、色んなことが変わってくるし、出て信用を得られる部分もある」。飛躍を見据え、眼光鋭く旅立った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカーW杯)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス