文字サイズ

【ヤング】道上彩花、女子高生FW“ゴロリ”

 「怪物」、「バファロー」そして「ゴロリ」…。とても女子高生とは思えないニックネームを持つヤングなでしこがいる。22日のニュージーランド戦で同点ヘッドを決めたFW道上彩花(18)=常盤木学園=だ。

 今、代表内で定着しているのは「ゴロリ」。NHKの教育番組「つくってあそぼ」に登場するクマの男の子なのだが、多感な年ごろの女性として嫌ではないのだろうか…。「嫌じゃないですよ。似てるからいいかなって」。同じヤングなでしこのDF浜田に付けてもらったという「ゴロリ」を結構、気に入っていた。

 「怪物」や「バファロー」は高校の阿部由晴監督が命名した。突進力や決定力を買われてのもので、170センチの体格を生かし今季のなでしこチャレンジリーグ(2部相当)では25得点で得点ランクトップを独走中。体を維持する秘けつを「好き嫌いなく食べることですかね。量は…ちょっと多いぐらいですよ」と少し恥じらいながら教えてくれた。

 徳島県育ちで宮城県の常盤木学園へは越境入学。「中3の時に高校選手権で優勝した常盤木のサッカーを見て、ここしかないと思いました」と“一目ぼれ”し、日本屈指の強豪校に飛び込んだ。寮暮らしで朝練もこなすハードな毎日も「ホームシックとかはないですよ」と楽しんでいる。女子高生とは思えないほどのたくましさ。「ゴロリ」も「バファロー」も似合っている。(広川 継)

  ◇  ◇

 道上彩花(みちがみ・あやか)1994年7月27日、徳島県生まれ。常盤木学園高3年生。1学年上のMF田中陽らと全国高校女子サッカー選手権を制覇。現在、なでしこチャレンジリーグで25得点でランキング1位。170センチ、65キロ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス