文字サイズ

ハリル嘆き節「Jのレベル落ちている」

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が28日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での苦戦が続いているJクラブ勢にゲキを飛ばした。指揮官は都内で欧州選手権(フランス)を中継するWOWOWの制作発表に出席。その壇上でJクラブのレベル低下を嘆いた。

 突然の発言だった。指揮官は欧州選手権について一通りのコメントをした後、突然「日本代表の話もして良いですか」と切り出し、「これから、とても大変な(W杯アジア)最終予選が待っている。この間、日本(のクラブ)が戦ったACLを見たが、少しレベルが落ちている。日本のチームを心配している」とチクリとやった。

 ACLでは1次リーグ突破を決めているのは浦和のみで、広島とG大阪は既に敗退決定。FC東京も最終節までもつれている状況。母国での大きな大会よりも、国内組の不調ぶりが気にかかる様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      日本代表バックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス