なでしこJ・熊谷紗希が主将指名 「結果も含めて最高の大会にしたい」東京五輪に続く大役

 キャプテンに指名された熊谷紗希(撮影・佐藤厚)
 パスを出す熊谷紗希(撮影・佐藤厚)
 キャプテンに指名された熊谷紗希(右)=撮影・佐藤厚
3枚

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が8日、千葉市内でパリ五輪へ向けの合宿を開始した。練習前には池田太監督(53)が、DF熊谷紗希(33)を主将に指名。21年の東京五輪に続き大役を担うベテランは「結果も含めて最高の大会にしたい」と目標を語った。

 この日は炎天下で、約1時間半の練習。13日には国内では五輪前最後の国際親善試合・ガーナ戦(金沢)も控える。熊谷は「本大会までたくさんの時間はない」とした上で「この暑さの戦いにしっかりと慣れて、良い状態で金沢に向かうことが大きい。この暑さで頑張れれば、パリで少し楽になる」と話した。

 17年からなでしこジャパンの主将を務めW杯で2度、そして五輪でも東京大会に続き2度目で主要国際大会では4度目の主将となる。「期待感はすごい高い。自分自身にも期待しているし、チームにも期待している。五輪でどのチームも強豪の中だが、最後に勝てるように期待している」と強い意気込みを示した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス