文字サイズ

三木谷会長が神戸サポーターにあいさつ 試合前のピッチに登場 21日に意味深投稿

 試合前にサポーターの前に姿を見せた三木谷浩史会長
 試合前にサポーターの前に姿を見せた三木谷浩史会長
2枚

 「明治安田生命J1、神戸-磐田」(25日、ノエビアスタジアム神戸)

 J1神戸の三木谷浩史会長(57)が試合前にピッチに出て、サポーターにあいさつした。

 試合開始約1時間前となる午後6時頃にスタジアムに到着した三木谷会長は開始40分前にピッチに姿を見せた。神戸サポーターが陣取るゴール裏の前で手を振り、一礼した。

 湘南に1-2で敗れた21日の試合後、三木谷会長は通話アプリ「バイバー」に「この結果に大きな責任を感じています。いつでも身を引き辞めますよ」などと、自身の進退に言及する意味深な投稿を繰り返した。最後には「水曜は。スタジアムでご挨拶しますね。試合後だな。必ず勝って!勝利に向かって応援しましょう!ヴィッセル神戸をいつまでも愛しています」と記していた。

 その後、23日早朝には空路神戸入り。神戸市西区のクラブハウスを電撃訪問し、選手・スタッフを集め、クラブの歴史などの映像とともに、涙ながらにクラブに対する思いを語り「このままやり続けるというのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と会長職の続行を明言している。

 神戸は今季開幕から不振が続き、14戦1勝で最下位。三木谷会長は23日に選手に対して「みんな一生懸命やっていることを分かっているので、こんなことを言うのは申し訳ないと思っているのですが、一層の覚悟を持って挑んでいただきたい。覚悟と気迫を持って頑張りましょう」などと激励した。15位・磐田との一戦は正念場となる。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス