文字サイズ

岐阜が公表 MF柏木が被害、脅迫等を含む不適切な書き込み 容疑者特定で報告

 J3岐阜は18日、所属する元日本代表MF柏木陽介が被害を受けていた、インターネット上での「生命身体への脅迫等を含む不適切な書き込み」について、被害届を所轄警察に6月10日に提出していたことを発表した。クラブと柏木本人とが話し合い、現状を発表することに決めたとしている。

 投稿内容について、「当クラブの選手個人に対して行われたもので、個人やクラブとしては極めて卑劣な内容であり到底許されるものではありません」と指摘している。

 柏木はクラブを通じ「インターネット上に書き込みされた事案で僕自身や家族は不安に感じておりました。この度、容疑者が警察の捜査により特定されたことから、今後は安心して生活することができますのでご報告させていただきます」とコメント。「このような行為は絶対に許されるものではありませんので、人を傷つけるような書き込みが無くなるように願っています。最後になりますが、この場を借りて、通報して頂いた方に御礼を申し上げます」と思いをつづっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス