文字サイズ

田嶋会長 残り試合も埼スタ開催熱望 芝生張り替えで困難も「お願いしていきたい」

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)がW杯カタール大会アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)の勝利から一夜明けた13日、オンライン取材に応じ、最終予選でホーム開催となる残り3試合について埼玉スタジアムの使用を熱望した。

 6試合を残す最終予選のうち、日本は来年1月27日の中国戦、同2月1日のサウジアラビア戦、同3月29日のベトナム戦をホームで開催する。試合会場は現時点で未定となっているが、田嶋会長は「私も選手たちも(森保)監督も、埼スタでやりたいという気持ちが一番強い。これははっきり申し上げます」と断言した。

 ただ、埼玉スタジアムは来年3月頃までをメドに大幅な芝生の張り替えを実施する予定となっており、日本代表だけでなく本拠地とするJ1浦和も含めて使用が困難な状況となっている。田嶋会長は「いろんなスケジュールが入っていると聞いている。今後何とかできないかということでお願いしていきたい」と語った。

 埼玉スタジアムでのW杯予選は21勝3分け1敗で勝率は驚異の・840に達する。終了間際に何度も劇的なゴールが生まれ、日本代表の窮地を救ってきた。12日のオーストラリア戦でも進退が懸かった森保監督が勝ち点3を手にした。日本代表にとっては“聖地”で、対戦国には難攻不落のスタジアムとなっている。

 また、東京五輪の主会場となった国立競技場も座席拡張工事などで3月頃まで使用が困難となっているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス