文字サイズ

J1神戸 ボージャン加入「イニエスタは特別な存在」 今夏の“半端ない補強”最終弾

 J1神戸は9日、スペイン1部バルセロナなどで活躍した元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ(30)の完全移籍での加入を発表した。

 元日本代表FW武藤嘉紀、日本代表FW大迫勇也に続き、神戸が3日連続で“半端ない”大型補強を発表した。ボージャンはバルセロナの下部組織から07年に17歳でトップデビューしたかつての“神童”。イニエスタとも4季にわたってプレーしている。20年末に米MLSのモントリオールと契約満了となり、現在は無所属となっていた。

 クラブを通じ「イニエスタ選手は私にとって特別な存在であり、尊敬する彼とまた共にプレーできる事をうれしく思っています。彼のアシストからたくさんのゴールを決めたいです」とコメントした。

 クラブ関係者によると今夏の大型補強はこれで打ち止め。武藤と大迫は日本で隔離期間に入っており、8月中のチーム合流を目指している。ボージャンは新規入国制限のため入国日は調整中。入国後は所定の待機措置を経て合流する。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス