文字サイズ

田嶋会長「バブル方式」導入 日本代表3月遠征コロナに万全対策へ

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)が2日、オンライン取材に応じ、3月末に予定されている日本代表とU-24(24歳以下)日本代表の活動で、選手や関係者の外部との接触を遮断する「バブル方式」を導入したい考えを明かした。

 日本代表は30日にW杯アジア2次予選モンゴル戦、U-24日本代表は26、29日に同アルゼンチン戦を控えている。試合開催には政府の新型コロナ対策である外国人の入国制限解除や待機期間免除の特例措置が必要だが、田嶋会長は「政府の判断に委ねる。それが最優先されることも覚悟している」と語り、見通しは立っていない。

 田嶋会長は対戦国の入国が許可された場合「完全なバブルを作りたい。東京五輪のテストイベントになる」との私見を述べ、五輪本番を見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス