文字サイズ

川崎が前半2点リード 選手はエキサイト!レアンドロダミアンと金が言い争い

 前半、ゴールを決めて喜ぶ家長(撮影・堀内翔)
3枚

 「明治安田生命J1、川崎-G大阪」(25日、等々力陸上競技場)

 2年ぶり3度目のリーグ優勝に王手をかけている川崎と2位・G大阪との注目の一戦。前半から両チームの選手がエキサイトする場面が起こった。

 FWレアンドロダミアンのゴールで先制した川崎が追加点を奪おうと前半33分、攻勢に出る。右FW家長がトリッキーに浮き球パスをレアンドロダミアンに出すが、G大阪DF金英権も体を入れてこれを阻む。そのままボールはラインを割りそうになったが、これを防ごうとレアンドロダミアンが足を出したところ金の足を刈るような形となった。

 まずはG大阪GK東口がレアンドロダミアンに抗議。続いて金も詰め寄り、レアンドロダミアンも退かずに言い争いとなり、両チーム選手が集結した。

 西村主審はエキサイトする選手を落ち着かせ、レアンドロダミアンを呼んで注意。金も呼ばれ、最後はレアンドロダミアンが背中をタッチするように“和解”。カードが出ることなく試合再開となった。

 川崎は前半終了間際の45分にはMF田中の右CKをレアンドロダミアンが頭でつなぎ、飛び込んだ家長が左足で押し込み追加点。優勝へ大きく近づく2点目を決めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス