文字サイズ

Vお預けの川崎・鬼木監督「期待に応えられずに悔しい」

 後半の給水タイムに、イレブンに指示を出す川崎・鬼木監督(左から4人目)=撮影・高部洋祐
 前半、川崎・谷口(左から3人目)が一発レッドカードで退場となり、ぼう然とする中村憲(右端)=撮影・高部洋祐
 前半、大分・野村(左手前)のPKを見つめる川崎・中村憲(右端)=撮影・高部洋祐
3枚

 「明治安田生命J1、大分1-0川崎」(21日、昭和電工ドーム大分)

 川崎が敗れ、2年ぶり3度目の優勝は22日以降に持ち越しとなった。

 勝てば優勝が決まる一戦だったが、前半34分、DF谷口彰悟がレッドカードで一発退場。浮き球で背後を取られ、ペナルティーエリア内で大分のMF野村に手をかけて倒した。このファウルでPKを取られ、先制点も献上した。

 試合後、鬼木監督は「多くのサポーターの方がアウェーまでかけつけて、テレビを通じて応援してくれた人がいて、その期待に応えられずに悔しい」。その一方で「選手たちは1人少なくとも最後まで得点を奪おうと全力でプレーしてくれた」とたたえた。

 横浜M戦から中2日で挑んだアウェー決戦。一方の大分は中17日と調整期間に違いがあったが、指揮官はチームの疲労度については「疲労がないといったら嘘になるが、このゲームに関してはそういう疲労も超えていかないといけないし、選手にもそう話していた。最後のプレーを見れば、疲労も気持ちで乗り越えていったと思います。あったとしても勝ちに結びつけたかった」と話した。

 敗れた川崎だが、22日の浦和-G大阪(埼玉)で、G大阪が引き分け以下で優勝が決まる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス