文字サイズ

中村憲剛、引退理由は…「そこだけはちゃんと書いて欲しい」

今季限りでの現役引退を表明するJ1川崎の中村憲剛==1日、川崎市(同クラブ提供)
3枚

 サッカーJ1川崎の元日本代表MF中村憲剛(40)が1日、今季限りで現役を引退すると発表。オンラインで取材に応じた。

 オンライン会見中、引退の理由を説明する中村が「そこだけはちゃんと書いて欲しい」と語った部分がある。それは1年前に追った左膝の前十字じん帯損傷という「大ケガ」と「引退」の関係性だ。

 選手生命を危ぶまれる負傷に見舞われたのは昨年11月2日のリーグ広島戦。ルヴァン杯を初制覇して、39歳になった直後だった。この頃、既に1年後の現役引退を決めていた中村に、新たなモチベーションが加わった。それが復帰の道筋だ。「ケガを克服してJ1のトップでプレーする姿を見せながら辞めるのが一番の最大の目標だった」。

 同じケガをしたアスリートに向けての復帰の前例を作る。年齢は関係なくできるところを見せる。そんな思いがリハビリ期間の背中を押してきた。だからこそ「ここで言っておきたいのは、ケガが原因で(現役を)辞めることは全くない。後遺症もないです」と強調していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス