文字サイズ

G大阪2位浮上!アデミウソン劇的V弾 9戦無敗でC大阪に並んだ

 「明治安田生命J1、G大阪2-1柏」(24日、パナソニックスタジアム吹田)

 G大阪がFWアデミウソン(26)の決勝ゴールで柏に2-1で競り勝った。9試合負けなしで勝ち点48とし、C大阪と並んで2位に浮上した。

 G大阪の勢いが止まらない。難敵柏に競り勝ち、6連勝後に1分けを挟み2連勝で9戦無敗となった。後半7分に相手オウンゴールで先制。柏FWオルンガに今季23得点目を許して一時は追い付かれたが、同44分に途中出場のFWアデミウソンが左足で劇的な決勝ゴールを突き刺した。

 快進撃の原動力は4人のFW陣にある。無敗の9試合で挙げた14得点中、11得点を渡辺(4得点)パトリック(3得点)アデミウソン(2得点)宇佐美(2得点)が決めている。対戦相手や試合運びに合わせてタイプの異なる4人が起用され、全員が結果を残す好循環が生まれている。アデミウソンは「互いに切磋琢磨(せっさたくま)できている」と相乗効果を認め、宮本監督も「全員のコンデションが上がってきた。オプションを持てることは監督としてありがたい」と好調を維持する最前線への感謝を口にした。

 守備でも粘り強さを発揮し、17本のシュートを浴びながら1失点に抑えた。直近9試合5失点で、複数失点を喫した試合はない。DF昌子や三浦といった代表クラスを負傷で欠きながらも、代役のDF菅沼らが最後尾で懸命に体を張り続けた。

 先制すれば12勝3分けと無類の強さを誇る。名古屋、鹿島に続き、本拠地パナスタ未勝利(1分け4敗)だった柏から初勝利を挙げた。ジンクスを次々と打ち破り、アジア・チャンピオンズリーグ出場圏内の2位タイに浮上した。C大阪とは勝ち点48で並ぶが、G大阪の試合数が1試合少ないため、限りなく単独2位に近い。この強さに疑いはない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス