文字サイズ

日本サッカー協会・田嶋会長がコロナ新薬開発に協力「第1号の採血者として協力してきた」

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が15日、オンラインで取材に応じて、福島県立医科大学が研究を進める、新型コロナウイルス感染症の診断薬・治療薬の開発に協力し、この日から都内のボランティアによる採血が始まった試料提供を行ったと明かした。

 福島県立医科大が進める研究では過去に新型コロナに感染し、回復した人の血液から抗体の有無を調べ、抗体を作り出す細胞や、抗体遺伝子を採取。新型コロナ診断薬・治療薬の開発を目指している。田嶋会長は今年3月に新型コロナに感染して、4月上旬に退院をしていた。「福島医大とはJヴィレッジのクリニックなどで深いつながりがあったので、是非協力したいと。(都内で)第一号の採血者としてやってきました」と説明した。

 この日は五輪組織委員会の理事会に出席。「採血者として協力してきた。これも五輪に打ち勝つための一つの努力だと僕は思っています」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス