文字サイズ

森保監督メンバー入れ替え示唆 1次L敗退危機も強気の姿勢崩さず

 「U-23アジア選手権・1次リーグB組、日本-シリア」(12日、パトゥムタニ)

 サッカー男子の東京五輪アジア最終予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権で、1次リーグB組の日本は11日、バンコク市内でシリア戦に向け、冒頭15分間を除く非公開で最終調整を行った。

 森保一監督(51)は「コンディションを考え、よりフレッシュな選手を使うことも試したい」と語り、中2日で迎える第2戦での大幅なメンバー入れ替えを示唆した。

 初戦でサウジアラビアに敗れた日本は、負ければ1次リーグ敗退が決まり、五輪本番に向けた貴重な真剣勝負の場を失う。勝ち点を得るため、現状のベストメンバーを編成する考え方もあるが、指揮官は「何がベスト(と言える)か分からない。第1戦と第2戦に向けてのベストは変わってくる。シリア戦に勝つためのメンバーで戦う」と、強気な姿勢を崩さなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス