文字サイズ

森保J・植田 左太もも打撲で試合後は病院に

 「国際親善試合、日本1-4ベネズエラ」(19日、パナソニックスタジアム吹田)

 日本はベネズエラに1-4で完敗した。14日のW杯アジア2次予選のキルギス戦からメンバーを大幅に入れ替えたが、守備が崩壊。前半だけでの4失点は国際Aマッチでは1954年5月のインドネシア戦以来、65年ぶり。

 センターバックで先発したDF植田は左太ももの打撲のため、ハーフタイムに途中交代した。最終ラインで厳しい寄せも見せたが、中盤の選手へのパスがずれて相手の速攻を招くミスや、対応のまずい場面もあった。「結果が一番。僕が引っ張っていきたい」と意気込んで試合に臨んだが、出場した前半だけで4失点と無念の結果に。試合後は病院に直行した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス