文字サイズ

サラゴサ香川、2部リーグトップクラスの評価 評価額は7億円

 サッカースペイン2部リーグ、サラゴサの日本代表MF香川真司(30)が、同リーグで6番目となる市場価値がつけられていることが4日、明らかになった。

 主に移籍市場の情報を扱うサイト、トランスファーマーケットが伝えている。情報によると開幕から3試合での選手評価額で、香川には600万ユーロ(約7億円)の価値があるという。

 なおランキングはデポルティボ所属のDFモンテーロが1000万ユーロ(約12億7000万円)で2部リーグトップ。ラスパルマスのMFジョナタン・ビエラが900万ユーロ(約10億5000万円)で続き、ウルグアイ代表のFWストゥアーニ(ジローナ)ら3選手が700万ユーロ(約8億2000万円)となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス