文字サイズ

浦和と横浜MにJリーグが処分 サポーター間トラブルでけん責と制裁金200万円

 Jリーグは22日、7月13日のJ1第19節・横浜M-浦和の試合前に発生した、両クラブの一部サポーター間におけるトラブルが発生した件について、両チームにけん責と制裁金200万円を決めたと発表した。

 トラブルの内容は、試合前に浦和サポーターが横断幕掲出禁止エリアに横断幕を掲出したことをきっかけに、横浜Mのサポーター40人が浦和側に詰め寄り、緩衝エリア越しに浦和サポーター20人ともみ合いになったこと。この際、双方側に暴力行為があり負傷者も出た。また、浦和サポーターが緩衝エリアの人がいない場所に傘を投げ込む行為も確認されたという。

 これに浦和側は当該サポーターへ厳重注意と、二度と違反行為をしない事を誓約させたと発表。再発防止策として、スタジアムルール遵守を徹底する取り組みを強化することや、状況に応じて入場ゲートでサポーターに対し、スタジアムルールを配布するなどルールの告知・遵守に努めることや、安全確保最優先のため、警備スタッフやホームクラブ関係者とコミュニケーションをより一層密に図っていくなどとした。浦和は今シーズンだけで横断幕掲出を巡るトラブルが4回発生している。

 Jリーグは両クラブへの制裁の理由について、横浜Mについては暴力行為などを許した他にも、主管クラブとしての警部体制などに不備があり自クラブサポーターをコントロールできなかったことについての責任に言及。浦和に対しては、同じく暴力行為を許したことに加え、衝突の現金となった横断幕掲出ルールの違反を、今年だけで4回繰り返していることなどを理由とした。

 Jリーグからの処分とは別に、浦和は社内処分を発表。立花洋一代表の役員報酬5カ月10パーセントの自主返納、競技運営部本部長、競技運営部部長に厳重注意処分とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス