文字サイズ

湘南・チョウ貴裁監督のパワハラを調査 Jリーグに匿名の通報で

 サッカーJ1湘南のチョウ貴裁監督(50)にパワハラ行為があった疑いがあるとして、Jリーグが調査に乗り出すことが12日、複数の関係者の話で分かった。7月にリーグ側へ匿名の通報があり、近日中にクラブから聞き取りを行う予定。湘南は監督本人を含めてスタッフ、選手が全面協力する方針を固めている。

 クラブ幹部は「調査はJリーグと粛々とやっていく」と話し、現段階で監督の退任や辞任など決定事項はないと説明した。チョウ監督はJ2時代の2012年に就任。走力を生かして果敢に戦うスタイルを植え付け、昨季はYBCルヴァン・カップ初優勝に導いた。11日は磐田に3-2で競り勝ち、就任8年目の今季はJ1で11位につけている。

 クラブは公式サイトに「Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります。多大なるご心配をおかけし、おわび申し上げます」などと掲載し、サポーターやスポンサー企業に謝罪。12日はチーム練習はなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス