文字サイズ

森保監督「勝たせてあげたかった」無念ドローも…貴重な経験 若手にはプラスに

 「南米選手権・1次リーグ、日本1-1エクアドル」(24日、ベロオリゾンテ)

 日本は1次リーグ第3戦でエクアドルと1-1で引き分け、初の8強入りを逃した。前半15分に中島翔哉(24)=アルドハイル=が先制点。同点の後半ロスタイムには久保建英(18)=レアル・マドリード=がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で勝ち越せなかった。準々決勝には各組2位までと3位の成績上位2チームが進出。2分け1敗でC組3位の日本は、B組3位のパラグアイと勝ち点2で並んだものの得失点差で及ばなかった。

 公式会見を終えて壇上から降りた森保監督は、代表スタッフにつぶやいた。「勝たせてあげたかった」。若いチームを率いてのブラジルでの挑戦は、3試合で幕を閉じた。

 東京五輪世代を中心に“成長”をキーワードに戦った。「この短期間で3試合の中でも成長を見せてくれた」と話す一方で、ドローのウルグアイ、エクアドル戦は共に先制点を挙げたが、守備がこらえきれなかった。勝ちきるという部分で課題を残した。

 この貴重な経験を糧にできるかは、選手個々に委ねられた。GK川島は「単純に世界レベルだとか、南米の本気といったぼやけたもので前に進むのではなく、(世界で勝つために必要なレベルを)体感して、これから先に進んでいくのが、本当の意味でのこの大会の意義だと思う」。参加しただけで、強くなるわけではない。すべては若手の今後の取り組み次第だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス